クレジットカード現金化とは何?

クレジットカードのキャッシング枠ではなくてショッピング枠の残を利用して、現金を手に入れる方法です。
こういったサービスを提供している企業がクレジット現金化業者です。
極端な例ですが、明日友達の結婚式で祝儀を持参する必要がある場合です。銀行にも財布にもお金がないこともあります。
今ならば、相場で30,000円は必要です。普通は事前に準備をしているでしょう。でもうっかり屋さんならば、そんなことも忘れています。

親・兄弟姉妹・知人から借りるには時間もない!

そんな場合に現金化口コミで話題のクレジットカード現金化安全を知っていればピンチをしのげます。
普通の人はクレジットカードのキャッシング枠を利用するでしょう。
でも利息はとても高いです。一般的は20%が相場です。簡単に利用しても借金が膨らむだけ。

高すぎるクレジットカードのキャッシングの利息

例えば200万円を借りたとしましょう。利息が20%ならば1カ月だけで40,000円程度の利息がつきます。
5年間になると元金を越えるだけの利息支払いを余儀なくされます。

クレジット現金化業者はクレジットカードのキャッシングとは全く違います。
還元率は95%のコースを選べば利息は5%ですむのです。

クレジットカード現金化の基礎知識

クレカ現金化が人気で、現金化口コミでも利用している人もたくさんいます。
現金化評判の良い理由には、クレジットカード現金化安全でクレジットカードさえ持っていれば誰でも簡単で手軽に利用できるという点も挙げられるでしょう。
このようにただクレジットカードの現金化をするのには何の知識も手間もいりません。
取り扱っているクレカ現金化業者に連絡を取って申し込むだけなのですから。

けれどもクレジットカード現金化仕組みやクレジットカード現金化比較くらいは知っておくほうがさらにお得に利用できたり、現金化評判が分かるので悪質な業者に引っ掛かる危険性が少なくなるに違いありません。
したがって、ここではクレジットカード現金化仕組みを簡単に紹介しましょう。
現金化は取り扱い業者からクレジットカードで商品を購入して、その商品の購入代金の決まった割合をキャッシュバックするというものです。
つまり、クレジットカードのショッピング枠で購入した商品をその業者に引き取ってもらってお金を得ているというシステムです。
そこで重要となるのが前述した「購入代金の決まった割合」の数字です。

これを「還元率」といいますが、この数字が大きいほど手元に入る金額も多くなります。
ですから、現金化評判の良い業者を選ぶ時には、還元率の高いところを選ぶほうがお得に利用できるというわけです。
業者の儲けは、その還元率の割合に左右されます。
たとえば98パーセントの還元率の業者なら、利用者の購入商品の代金の2パーセントが儲けとなるわけです。
あまり還元率を高くすると儲けが出ないけれども、下げると利用してもらえない、業者にとってはその兼ね合いが難しいところではあります。

クレジットカード現金化の始まり

最近現金化口コミで人気のあるクレジットカードの現金化というシステムは近年になって始まったものと思っている人も少なくないかもしれません。
しかし、実はこれに似たシステムはクレジットカードができる以前から存在していたとされています。
クレジットカードの発祥は今から60年ほど前のアメリカで、その10年後に日本で使われるようになりました。
けれどもクレジットカード現金化に似た発想は、はるか昔に日本に存在していたのです。

それは「質屋」です。
品物をお金に換えるという質屋の発想は、クレジットカードの現金化に共通するものがあります。
つまり、日本ではずっと昔から同じようなシステムを使っていたことになるのです。
クレジットカードが生まれてからしばらくは現金を持ち歩かなくても買い物ができるという利便性だけが注目されていましたが、そのさらに便利に発展させたクレジット現金化方法なのです。

現在の現金化の主流は、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるというものです。
その方法は現金化を扱う業者から品物を購入しその支払いはクレジットカード現金化安全な会社に行なうのですから、普通にクレジットカードで買い物をするのと同様です。
ただ手に入るお金は還元率に左右される点は、原価で買い取ってもらえない質屋と同じ概念であるといえるでしょう。

クレジットカードのキャッシングとショッピング枠を利用した現金調達方法の違い

同じクレジットカードでも使い方によって随分と違います。まずは利息が違います。キャッシングの場合は20%程度ですが、クレジットカード現金化の場合は一般的には5%程度です。還元率が95%で一括払いをしたケースです。リボルビング払い(リボ払い)や分割払いをすると余分に利息が必要になります。

クレジットカード現金化サービス会社を利用すると商品購入をすることになる

回りくどいと感じるかもしれませんが、一手間かけるだけで利息が安くなるのです。大きな作業でもありませんし、数分程度のことです。

限度額が違う

クレジットカード現金化安全は誰でも利用できます。クレジットカードがあればいいのです。ショッピング枠が残っていれば、その範囲で現金を調達できます。ショッピング枠の限度額は普通の会社員ならば100万円から300万円程度でしょう。逆にキャッシング枠は10万円から30万円程度。30万円のお金を借りたら、それ以上は無理です。承認されれば別ですが、時間もかかります。

このようにショッピング枠はキャッシング枠の約10倍の限度額があります。これは有効に活用しなければなりません。

クレジットカード現金化を利用しなければ

複数の金融機関や消費者金融を使うことになるでしょう。利息はクレジットカードのキャッシングと同じ程度の利息です。とっても高額なお金を複数の企業から借りることになります。借金地獄のはじまりです。あなたが地獄を選びますか、それともクレジットカードのショッピング枠を利用した現金調達方法を選びますか?

オンラインショッピングに似ている?

現在クレジットカード現金化比較が人気ですが、知らない人はクレジットカードを使ってお金を借りるのだろうと考えているかもしれません。
しかし実は、オンラインでの買い物に似ているといったほうがいいかもしれないですね。
ここでは、現金化口コミで話題のクレジットカード現金化仕組みについて簡単に紹介しておきましょう。
まず、利用するためには取り扱うクレカ現金化業者への申し込みが必要です。

ネットをチェックすればたくさんの業者が見つかるはずなので、その中から選んでホームページを介して申し込みを行ないます。
必要事項を入力したのち、業者が扱う商品の中からクレジットカードで購入します。
オンライン決済がされたのちは、それぞれの商品にはキャッシュバックがついているのでそのキャッシュバック率に応じて現金が口座に入金されるというシステムです。
業者によっては、申し込みから数分で入金完了というところもあります。

キャッシュバック率によりますが、1万円の商品を購入した場合、80パーセントなら8,000円、98パーセントなら9,800円が振り込まれることとなります。
購入代金の1万円は後日クレジットカード会社から請求がありますが、すぐにでも現金化必要な場合には非常に役立つことでしょう。
面倒な書類作成や提出、さらに審査や店に出向く必要もない手軽で便利なクレジットカード現金化比較が今人気なのは当然といえるかもしれませんね。

何故クレジットカード現金化評判が良いの?

どうしてクレカのクレジットカード現金化がもてはやされている?

クレジットカード現金化比較の宣伝広告が大々的にスポーツ紙に踊っています。たくさんの広告があるのです。それだけのニーズがあるから勝負に出ているのでしょう。注目されている理由を説く鍵があります。それはクレカのショッピング枠とキャッシング枠です。

消費者金融のカードと普通のクレカの違い

★消費者金融のカード
全額が現金を融資することをイメージしています。枠が50万円ならば50万円まで現金を引きだせます。

★クレジットカード
信販を目的としたカードです。あくまでも商品の購入を前提としています。カード会社に加盟しているクレジットカード現金化店舗ならばカードを出せば、枠の範囲でショッピングが楽しめます。海外ではカードの提示がない顧客には商品を販売しないところもあるほどです。現金よりも大切な存在なのです。

クレジットカードにもキャッシング枠がサービスの一環としてある

一定の範囲に限定して現金を融資できるサービスです。便利なサービスではあります。ですがカード会社は消費者金融とは違います。専門の業者ではありません。与信枠の大体1/5程度の限度額です。良くて50%です。

これでは緊急の場合には使えません。消費者金融の限度額を使い切ってしまっていれば大ピンチです。そこで、カードの残っているショッピング枠に目をつけました。ショッピング枠を利用したクレカ現金化はこのようにして誕生しました。

クレジットカード現金化の魅力は早いことと審査がないこと

突然現金が必要になる局面を迎えるかも?

明日までにお金を用意しないとヤバイ!そんな行き詰まりのシーンにあなたが遭遇しないとは言い切れません。潤沢に財布にお金があればいいでしょう。銀行にお金があればATMで引きだせばすむ話です。が、しかし、もしもあなたが現金を調達できなければ八方ふさがりになります。そんなときに備えて覚えておきたいのがクレジットカードのショッピング枠を利用した現金調達方法です。

こんなメリットがあるクレジットカード現金化

とにかく、スピーディーに調達できることです。煩雑な審査も一切ありません。書類作成に何枚も記載したり押印することもないのです。あなたが、普段利用しているクレジットカードを使ってクレジットカード現金化サービス会社が指定する商品を購入するだけです。

クレジットカード現金化サービス会社

このような会社が取り扱っているラインナップは還元率が設定されている商品です。現金化口コミで情報を得たクレジットカード現金化を利用したいユーザーは、該当商品をクレジットカードでネットショッピングします。そしてクレジットカード現金化サービス会社は還元率に応じた現金をあなたが希望する口座番号に送金してくれます。

精算はクレジットカードからの請求に基づいて行う!

支払いは少なくとも1カ月以上先になります。当面の資金調達はできたということになります。送金されるタイミングですが、最速コースを利用すればクレジットカード現金化即日手に入れることもできるでしょう。問題の還元率は最近は過当競争気味でユーザーにはメリットがあります。90%をオーバーするほどの還元率も普通です。

例えば95%の還元率ならば利息は5%という計算

10,000円のクレジットカード現金化を利用した場合、9,500円が送金されます。利息が500円だけになります。10,000円はクレジットカードの請求で支払えばOKです。

とにかくスピーディに対応

現金化口コミで話題だったから消費者金融のキャッシングを利用した事があるという人もいるかもしれません。
クレジットカード現金化即日対応、30分のスピード審査と謳っている消費者金融であれば、今すぐにでも現金が手に入る。
そんなイメージを持っている人もいるでしょう。
しかしそれはあくまでも条件が整った際の最短のクレジット現金化方法です。
実際は夜に申込みをすれば、審査翌日になりますし、15時以降であれば銀行の振り込みは出来なくなります。
そもそも審査が30分で終わったとしても、その審査に通らない可能性だってあるわけです。

今日中にお金がどうしても必要だという時に、不確定要素が多いのは、本当に用意できるのか不安になってしまいますよね。
しかしながらそんな消費者金融よりも、もっと素早い対応をしてくれる方法があります。

それはクレジットカード現金化比較です。
クレジットカードさえ持っていれば、審査は必要ありませんし、指定されたものを購入した事を確認さえ出来れば現金はすぐに手に入ります。最短だと5分や10分で現金が手に入る可能性もあります。
消費者金融と比べて、どちらが速いかなんて一目瞭然だと言えるでしょう。

だからこそ、急いでお金が必要な時に心強い存在だと言えます。
それにネット上からのやり取りとなり、しかもあなたがした事は買い物をした事だけです。
借金扱いにもならないので、家族に借金がバレる心配もゼロだと言えるでしょう。
ただし、注意点としては、あまりに簡単にお金を借りれて、借金をしているという意識が自身自身も低いという点です。
お金を借りた事に違いはなく、借りたお金は必ず責任をもって返済の義務がある事は理解しておいてください。

現金を得るまでの流れ

クレジットカードで現金を得たい場合は、まず専門業者を探します。そして業者を介し買い物(カード決済)を行い、キャッシュバック名目で現金を受け取ります。

還元率をはじめ、各種条件は業者ごとに異なります。クレジットカード現金化即日の受取りを希望する場合は、それを取扱うところを探してください。なかにはクレジットカード現金化店舗を構える業者もあるので、オンライン手続きに不安がある人はそちらの利用をご検討下さい。

いずれにせよ、クレジットカード現金化比較して現金を受け取るまでの流れは共通です。

1.申込み
オンラインの場合は、専用フォームから必要情報を送信します。その後、折返しの連絡を待ちます。そのためメール・電話番号の誤記入・不備には注意してください。

2.商品の購入
指定された商品を購入します。この時点でカード決済することもあれば、商品到着と同時に代引きにてカード決済することもあります。

3.本人確認を受ける
カード決済に伴い、本人確認が行われます。高額決済の場合はカード会社からも連絡が入るので、何を幾つ幾らで購入したか伝えましょう。

4.商品と現金の受取り
現金は指定口座に振込まれます。クレジットカード現金化即日を希望した場合は申込みから2時間弱、指定がない場合は一週間前後を要します。なお商品はパンフレットをはじめ特に価値を持たないため、処分して構いません。

現金化口コミを見ない情報弱者は現金化を知らないから損をする

クレジットカード現金化を未経験な人には不思議なことだらけ!

情報弱者と呼ばれる人は最近の現金化評判についていっていないのです。
だから、もしも現金が必要になった場合でも、カードローン・クレジットカードのキャッシング機能・消費者金融に頼ってしまいます。
情報弱者がいるから、こういった企業も成り立っているのも事実です。
しかし、私達は賢い消費者にならなければなりません。情報弱者では損をするだけです。

クレジットカード現金化を知らない人は「やめなさい!」という。

年輩の人たちは典型的です。インターネットなども使えない人たちには、そもそもクレカ現金化評判なんて情報は入ってきません。だから20パーンセント程度の高い利息のカードローン・クレジットカードのキャッシングなどを使うのです。

クレジットカード現金化のデメリットはあるの?

利息が発生することでしょうか?
例えば、還元率が95%の商品10万円をネット購入すれば、あなたの口座に9万5千円が送金されます。
この場合は5,000円が利息になるのです。
支払いはネットショッピングですから、翌月にクレジットカードから請求される明細に掲載されているわけです。
利息がいると言っても、キャッシングならば20%もかかるのです。デメリットと呼ぶのも変な話です。

お金が貯まらない人は高い利息の借金をしている

アベノミクスも失速気味!

好景気とはほど遠い日本の現状ですから、中にはお金がなくて困っている人もいるでしょう。極端な例ですが、うっかりと友達の結婚式への出席を忘れていたらどうしますか?一般的には列席する場合のご祝儀は3万円です。銀行に預金があればいいですが、生活費を捻出するのがいっぱいいっぱいならば貯金することなど夢の夢!

お金が貯まらない人は高い利息の借金をしている

たとえばクレジットカードのキャッシングとか消費者金融です。利息が20パーセント近くもあるので、利息の返済がやっとやっと。いつまでたっても元金が減りません。そんなときに役立つのがクレジットカードのショッピング枠を利用した現金調達方法(クレジットカード現金化)です。

クレジットカード現金化は利息がお得!

クレジットカード現金化比較のサービスを利用して95%のキャッシュバックが付いているコースを申し込めば利息は5%で済みます。高額なキャッシングや消費者金融の残をこれで返済してしまうと、毎月の負担も随分と軽くなります。

知識があるからこそ、お金が貯まるのです。オンラインですべてできますし、自分が希望する口座番号に送金してくれます。ATMで引きだせばOKです。

市民権を得てきたクレジットカード現金化サービス会社

テレビや雑誌でもクレジットカード現金化の話題が多くなると、これまで怪しいと思っていた人たちも便利なサービスなんだと納得します。従来のように一部の怪しげな会社がこそこそとしていたイメージは払拭(ふっしょく)されます。大手の金融会社も参入してきてクレジットカード現金化サービス会社の系列会社を立ち上げてきます。

クレジットカード現金化サービス会社を利用するニーズは高まってきている!

だからこそ多くのクレジットカード現金化サービス会社が増えてきているのです。不況が長引いていることもあるでしょう。格差社会で金銭的に困っている人も少なくはありません。そういった事情も関係してきてます。クレジットカード現金化サービス会社のオフィシャル・ウェブサイトを見てみると、大手の金融機関と遜色ないほどのデザインです。

クレジットカード現金化サービス業界が健全化されてきたシグナル

しっかりしたサイトだけではありません。従来よりもすごく便利になってきています。これまで主流であった来店型のクレジットカード現金化サービス会社は少なくなりました。大部分がインターネット型のクレジットカード現金化サービス会社です。

インターネットでクレジットカードを使うことが一般的に!

通販サイトがたくさんあります。楽天だとかAmazonだとかYahoo!ショッピングです。ここではクレジットカードを使って決済することが日常的になっています。インターネットでクレジットカード決済することに抵抗がないのです。だからクレジットカード現金化サービス会社もインターネット上の空間で手続きされます。

クレジットカード現金化サービス会社を使っても借金していることに違いはない

クレカ現金化を使ったら「現金が手に入る」ことだけを強調されます。なんだかお金を貰えて得をするような錯覚に陥っている人もいます。

クレジットカード現金化という言葉の中にはでてきませんが、間違いなく借金をしています。このことを忘れると数カ月後に泣きを見ることになります。これまでに相談された人たちの実態を見ていると驚愕(きょうがく)します。
クレジットカードの裏ワザで現金を手にして支払いをする必要がない……そんな風な認識を持っている人がとても多いです。

自分に都合の良い解釈をするのです。

こういった人たちが多重債務に苦しむのは理解できます。
ですがクレジットカード現金化についての解説では最後の支払いの件については、あまり説明しないようです。
クレジットカードを利用して換金性の高い商品を購入します。それを新品のまま横流しすれば現金に化けるのです。
基本的にはこういった図式になるのです。

クレジットカードを使って換金性の高い商品をインターネットショッピングすれば、その段階からクレジットカード会社に支払い義務が生じるのは言うまでもありません。
クレジットカード会社から代金決済のタイミングがきたら請求書・明細書が届きます。
それまでには最長で2カ月程度のタイムラグがあります。
お金に困っている人にとれば、金策する時間がそれだけ伸びたということになるのです。

資金繰りに困ってしまった人たちがクレジットカード現金化サービス会社を利用するのはこういった背景があります。
翌月に一括払いをしても全額を支払えないならばリボルビング払い(リボ払い)をすることも可能です。
支払い額は少なくなりますがカード現金化手数料は高くなることをしっかり理解しておきましょう。

クレジットカードの使い過ぎを防ぐ

クレジットカードは現金の持ち合わせがなくても買い物や支払いができる便利なツールですが、だからこそ注意が必要な点がいくつかあります。
そのひとつが、使い過ぎです。
実際に現金を使って支払いをしているのではないのでいくらでも使えるような感覚に陥りやすく、現金で支払っているなら使わないような金額までついつい使ってしまうケースがしばしば見られます。

そして、月末にはカード会社から請求書が来て使った金額の多さに驚いてしまった人も少なくないでしょう。
最悪の場合、支払いができずにカード破産という事態にもなってしまうかもしれません。
かといって、欲しいものがあればどうしても手に入れたいのが人情というものですよね。

そんな際にお役立ちなのが、クレジットカードの現金化なのです。
これはクレジットカードのキャッシング枠の残りを現金にするというもので、今多くの人が利用しているシステムです。
このクレジット現金化方法なら実際に自分の手元に現金があってそこから支払いをするのですから、自分がいくら使っているのかが目に見えるので無駄な買い物をしなくて済むでしょう。
また、キャッシング枠以上は現金にできませんから余分に利用することもありません。
返済はクレジットカード会社にするので、安心感もありますよね。

クレジットカード現金化には時期を読もう

クレジットカードの現金化は手軽で簡単に現金を手にするシステムとして多くの人々が利用しています。
ちょっと手持ちの現金が足りないときだけでなく、まとまったキャッシュが必要な時など、あらゆる場面でお金を用立てることができる重宝なシステムなのです。
利用者の増加に伴い、クレカ現金化を行なう業者の数も増えています。
中には悪質といえるようなところもあるので、利用の際には要注意です。

また、システムを利用するときにチェックしたほうがいい点に「時期」があります。
世間の人々がまとまったお金の必要な時期というのは、ある程度決まっています。
それはいわゆる「行事」の多い月や期間です。
たとえば、夏は夏休みがあるので旅行に出掛けたりバカンスを過ごす人が増えます。

年末年始も帰省する人やクリスマス、正月などでお金を使う機会がたくさんあります。
したがって現金が必要となることから、クレジットカード現金化の業者にとってはかき入れ時というわけです。
こんな時には業者も利用者をできるだけ増やしたいという考えからいろいろお得なキャンペーンなどを打ち出してくる傾向が見られます。
それらを上手く利用すれば、もっとお得に現金を手に入れることができるというわけですね。

ビジネスにもクレジットカードの現金化を利用しよう

事業を拡大したいからそのための資金を調達しなければならないという場合、多くは銀行で融資を受けることになります。
お金を借りるには厳格な審査を要しますし、そのために多大な書類の提出も求められます。
しかし書類を揃えて提出し審査を行った結果、借り入れは不可という結果になることも充分あり得ます。
借り入れができたとしてもそれまでに長い期間を要するので、急ぎの資金調達には間に合わないこともあるでしょう。

また、最初から借り入れは無理と断られてしまうことも考えられます。
そうなると金融機関からキャッシングという手段がありますが、比較的金利が高い上にあまりいいイメージがないためにできれば利用を避けたいという人も少なくないようです。
とはいえ、資金を手に入れなければ事業が拡大できなくなってしまいます。
そこで紹介するのが、クレジットカードの現金化なのです。

これはクレジットカードのキャッシング枠の残りを利用して現金を手に入れるというもので、今多くの人が利用している便利なシステムなのです。
ちょっとしたお小遣い程度から事業の資金になるほどのまとまったものまで、キャッシング枠の残り金額に応じて手に入る現金額は異なります。
銀行の融資を断られたり金融機関からのキャッシングに抵抗を感じる人なら、ぜひクレジットカードの現金化を検討しみてはいかがでしょうか。

現金化は貸金法と無関係

クレジットカードの現金化は“疑似的”な借入れではあるものの、その手段から表向きは“買い物”として処理されます。
貸金法とは無関係であり、その制約を受けません。

貸金法の改正は、多重債務者を救済するために行われました。
詳細は省きますが、簡単にまとめると『返済能力がない人には貸さない』『返済能力がある人にも貸し過ぎない』というものです。

問題となったのは後者の条件『総量制限』で、年収の三分の一以上を借入れることが出来なくなりました。
これまで問題なく借金をしていた人たちが、借入れ先を失ってしまったのです。

さらに、この条件は『借入れ先一社』ではなく『借金の累計額』に適用されます。
既に上限いっぱいまで借りている場合は、別の貸金から新たに借入れることも、クレジットカードのキャッシング機能を使うことも出来ません。

だからこそ、貸金法の制約を受けない現金化は重宝されます。
利用は、国内で利用できる本人名義のクレジットカードと、ショッピング枠の残高があれば、誰でも可能です。
収入がない専業主婦や学生も問題ありません。

現金化を取扱う業者の多くはインターネット出店のため、接続できる環境さえあれば何処からでも利用できます。
クレジットカード現金化即日対応のところも多く、また電話によるサポート・問合せも手厚く行っています。

冒頭で触れた通り、表向きは買い物なので、インターネットショッピングの経験があれば申込み~手続きに苦労することはありません。
ただし、利用前には規約をしっかり確認しましょう。
悪徳業者も多いので、その点のみご注意ください。

クレジットカード現金化に違法性はあるか

クレジットカードの現金化は、ショッピング枠を活用して行われます。
しかしクレジットカード本来の用途から外れるため、違法性に関する議論はつきません。
結論から申しますと、クレジット現金化方法によって違法性の有無は異なります。

◎キャッシュバック方式は合法
クレジットカードで商品を購入し、そのキャッシュバック名目で現金を得る方法は問題ありません。これは景品表示法から見ても違法性はなく、家電量販店などにみられる『ポイント還元』サービスと同等です。

◎転売方式は違法
業者に指定された商品を購入し、それを転売して現金を得る方法には違法性があります。
何故ならクレジットカード会社は、規約において『支払が完了していない商品の売却』を禁じているからです。

各種の請求書は翌月または翌々月に届き、それから支払いが行われます。つまりカード決済のタイミングでは、支払が完了していないわけです。もちろん、支払が完了した後の転売は規約に触れません。

しかし現金化の業者はこの点について説明せず、また説明しても合法だと言い張ります。
繰り返しますが、支払いが完了していない商品の売却は規約違反です。クレジットカード会社に事実が露見すれば、退会をはじめペナルティが課せられます。

クレジットカードの現金化はカード会社では認めていないの?

クレジットカードの現金化は非常に人気が高く、たくさんの人が利用しています。
そして、それを扱う多くの専門業者があり、インターネットでチェックをすればすぐに数多くの業者が見つかることでしょう。
ただ、中には「クレジットカードの現金化って違法じゃないの?」と思っている人もいるようです。
そう思っている人は、おそらく数年前のあるケースからそんな誤った判断をしているのでしょう。

そのケースとは、現金化業者から品物を購入し現金化をしようとした人がクレジットカードの使用を停止されてしまったというものです。
クレジットカードの会員規約ではカードの換金目的での使用を禁止しており、その人はそれに違反したからというのが停止の理由でした。
結局その人はお金を返して一件落着したのですが、そのことでクレジットカードの現金化はいけないことだと考えていると思われます。
それなら現在どうしてクレジットカードの現金化を行なう人が増えており、それを扱う業者も多数存在するという事実が存在するのでしょうか。

それらをいちいち取り締まっていたら、カード会社は利用者を大量に失うこととなります。
したがってカード会社とすれば自分たちの首を絞めることにもなりかねないので、クレジットカードの現金化をしたからといって処分することはないのです。
また、クレジットカードの現金化は違法ではありません。
お金の必要なときに、安心して現金を手に入れることのできる便利なシステムなのです。

クレジットカード現金化は最終手段

クレジットカードの現金化は、ショッピング枠を利用して“お金でお金を買う”行為です。申込みが簡単、且つ高額を申込むほど還元率が上昇するため、なかには一度に何十万単位で現金化を申込む人もいます。

しかし、その金額・・・本当に支払いきれますか?

ご存じだと思いますが、金融業者は利用者の年収・三分の一を超える貸し付けを行いません。正しくは、行えません。それは貸金法により定められた規則であり、超過する貸し付けは違法(所謂、闇金融)に該当します。

しかしショッピング枠を利用した現金化に、この規則は及びません。限度額+当月の残高次第という条件はありながら、人によっては年収の三分の一を超える借入れが可能です。

ショッピング枠の利息は、年5%程度です。100万円を借入れて5年間放置したとしても20万円程度で済みますが、それは金額に限った話です。それだけの期間、返済を放置すれば信用情報は傷つきます。その場はなんとかなっても、その後が問題になってくるわけです。

クレジットカードの現金化は、必要最低限の額で、本当に切羽詰った時のみ行いましょう。また信用できる業者を利用し、トラブルなく行うことが必須条件です。

なお返済に関するトラブルは業者ではなくカード会社の管轄になります。業者はあくまでもキャッシュバック名目で現金を用意するだけであり、カード利用・返済(支払)には一切関与していません。この点をはき違えないよう、ご注意下さい。

クレジットカード現金化に不安を持っている人はデメリットが分からないから

クレジットカード現金化は最大300万円ほどのお金を安い金利で調達できる方法です。数万程度の調達ならばそれほど気にならないかもしれません。ですが、100万円を越えるようになると、心配です。

それもクレジットカード現金化は審査もありません。クレジットカード現金化サービス会社は貸金業者でもないのです。そんな会社がお金に関する取り扱いをしてもいいのでしょうか?
グレーな部分も多いような印象があります。

クレジットカード現金化のメリットばかりあげているサイトは詐欺サイトかもしれません

低い金利(5%程度と表現していることが多い)即時入金ができる……こんなキャッチフレーズがあります。しかし、それが本当かどうかを利用規約を精査してみてください。

利息が5%というのはキャッシュバック率が95%の商品の場合です。例えば10万円の書籍が95%のキャッシュバックの設定があったとしましょう。ユーザーが送金して貰えるのは100,000×0.95=95,000になります。利息・カード現金化手数料は5%(5,000円)になります。

クレジットカードのキャッシングを利用したら20%程度の利息になります。100,000×0,2=20,000円です。2万円の利息と5千円の利息ならば5千円のほうがいいです。だからクレジットカード現金化サービス会社がお得というロジックです。

支払いが1回払いならば、それでいいでしょう。ですが分割払いにしたりリボルビング払い(リボ払い)にすると余分にクレジットカード現金化手数料・利息を払わなければなりません。この利息に関してはクレジットカード会社が決めているので、クレジットカード現金化サービス会社は説明する必要がありません。こういった落とし穴もあります。トータルでいくらの利息になるのかをシビアに計算して賢いユーザーになってクレジットカード現金化を使ってください。

現金化換金率に注目しよう

クレジットカードの現金化を、今多くの人が利用しています。
これはクレジットカードのキャッシング枠の残りを利用して現金を手に入れるというクレジット現金化方法で、手軽で簡単に行なえることからちょっと手持ちの現金が足りないといったときなどに重宝すると多くの支持を集めているのです。
その人気に伴ってクレジットカードの現金化を行なう業者もたくさん増えています。
インターネットをチェックすれば非常に多くの業者が見つかるかと思いますが、その中からどれを選ぶかというのが問題なのです。

つまり、あまりにも業者数が多過ぎて選べないという人が少なくないというのですね。
でもクレジットカードの現金化において最も重要な点は、現金化換金率の高さです。
この率が高いほど多くの現金を手に入れることができるのですから、現金化換金率の高い業者を選ぶのは必須ですよね。

また、現金化換金率は時期によっても多少変動します。
夏休みが近づいたり年末年始前になるとお金の必要な人が増えることから、多くの業者でキャンペーンなどを行ない顧客の確保に努めようとします。
したがって、そんな時期には現金化換金率が高くなる傾向があるので狙い目といえるでしょう。
そういった情報はインターネットをチェックすればすぐにゲットできますよ。

還元率が示す業者へのカード現金化手数料

還元率とは、幾ら現金を得られるか表したものです。
10万円の現金化を申込み、還元率が80%だった場合は、100,000×0.8=80,000円が入金され、残りの20,000円がカード現金化手数料として扱われます。

100%に近いほど利用者にとって好条件であり、低下するほど悪条件になります。
業者から見た場合は逆で、低い還元率ほど高利益で、高い還元率ほど低利益です。

現在、還元率の相場は70%~80%前後で安定しています。
90%近い還元率の業者もありますが、適用条件は厳しく(最低申込み額××万円以上など)、関わる機会は殆どないでしょう。
仮に、10万円程度の現金化の還元率は90%以上となっていた場合は、悪徳業者と疑って下さい。

悪徳業者は、高い還元率を広告することで利用者を引っかけます。
特別な条件の記載がなく、大々的に「~%以上を保障!」となっていたなら、客寄せの広告に間違いありません。

また、逆に低すぎる還元率にも注意してください。
仮に10万円を申込み還元率が50%だった場合は、半額の50,000円しか入金されません。
この額なら、最新の家電製品を購入~売却して現金を得る方法が勝ります。

なお還元率は、入金に要する期間によっても変動します。
即日ほど低下し、業者が指定する期間(~一週間)に近づくほど上昇するシステムです。
急を要さない限りは後者が良いでしょう。
現金化のポイントは、いかに入金額を引き上げるかにあります。

還元率が高すぎる場合は注意が必要

クレジットカードを現金化する場合、還元率が高い方が得られる現金は多くなります。
そのため、少しでも還元率が高い業者を選ぼうとしている人も多いでしょう。
しかし、還元率だけに目がいってしまうと、実際には損をしてしまう事も少なくありません。

なぜかというと、還元率の高さは集客目的のための嘘というケースが少なくないからです。
例えば還元率が98%と謳っている業者が存在しました。
還元率が85%のところを比べると非常にお得に感じます。
そのため、還元率の高さから98%の業者を利用しようとするでしょう。
しかしその還元率とは、いろいろ条件がついた上での還元率なのです。
そしてその条件はほとんどのケースで、クリアできないような無理難題になっているはずです。

ですが契約をすでにしてしまった手前、別の業者に変更する事も出来ずに、結局75%程度の低い還元率となってしまうわけです。
そもそも考えてみて下さい。クレジットカードの現金化とは犯罪行為ではないとはいえ、限りなく黒に近いグレーゾーンな行為です。
そんな行為を行っている業者が全うなのか?と言えば、お金儲けのためには平気でズルい事だって仕掛けてくるといえるでしょう。
ですから、業者選びは慎重に、少しでもマシな業者を選ぶ必要があるのです。

急いでお金が必要な時ほど、時間的余裕がなくなってしまいますが、それでも最低限の事は調べてクレジットカード現金化安全を考慮した上で業者選びをするようにして下さい。そしてその時に還元率の高さだけで業者を選んでしまうと必ず失敗するという事も肝に銘じておきましょう。

現金化を左右する与信枠

クレジットカードで現金を得られるかどうかは、与信枠に左右されます。
すでに上限いっぱいまで利用している場合は、残念ながら現金化できません。
別のクレジットカードを用意するか、与信枠が空くまで待ちましょう。

インターネットや電話で、与信枠を照会できるクレジットカードもあります。
またフリーダイアルから問合せることでも、確認は可能です。
業者に現金化を申込む際には、念のため確認しておくと良いでしょう。

その他に用意するものは、本人確認が出来る『身分証明書』です。

これは決済を円滑に行うと同時に、不正利用の有無を確認するためでもあります。
殆どの業者は、この確認を初回限りにしているため、二回目以降の申込みは手間が省かれます。

銀行振込みで受け取る場合は、銀行口座も必要になります。
インターネット銀行はカード現金化手数料よりも手数料が格安、且つメンテナンス時間を除き残高確認・各種依頼が可能のため、おすすめです。

15時までに手続きが完了すれば、クレジットカード現金化即日に振込んでもらうことも可能です。
それ以外の場合は、一週間前後が目安になります。

来店型のサービスを利用する場合は、銀行口座が不要です。
申込み手続き~現金受取までを即日に行えるところも多いので、併せてご検討下さい。

以上が、現金化に必要なものです。
キャッシングではなく、あくまでも“買い物”なので保証人はいりません。
また使用するクレジットカードは、サイン一つで発行してもらえる『買い物専用』タイプでも構いません。
与信枠があり、且つ本人確認が取れるものであれば現金化できます。

クレジットカード現金化業者の商品について

改正貸金業法が2010年6月に施行されました。
借金地獄にならないように総量規制を設定します。
借金をする上限を決めるのです。
この法案によって、お金を借りたいユーザーは新しく借金ができなくなります。
いわゆる自転車操業をすることができません。
これが改正貸金業法の本当の狙いでもあります。

お金を借りたい人たちは、新しくお金を工面できるチャネルを模索します。闇金やソフト闇金もあるでしょう。
そして、最近ではクレジット現金化業者です。
現金化という名称が付いているのです。何かを現金にするわけです。その何かは大部分が商品などの品物や商品券になります。

その品物がユーザーの所有物であれば昔からある質屋通いと同じでしょう。
特に違法性はまったく感じられません。今の日本でも質屋を利用する人が全くないわけではありません。ですが質屋に行っても希望する現金を借りられる世の中ではないのです。
何故ならば品物は溢れかえっているからです。
激安店が乱立しています。
質屋が品物に対する評価金額は極めて低いです。
質流れになったケースを想定しますから質屋や貸し渋ります。

そういった世相に注目して誕生してきたサービスがクレジットカード現金化です。
ある程度の料金であれば売りさばける人気商品をユーザーに購入させます。
その段階で売値や売却先は織り込み済みなのです。

クレジット現金化業者は、ユーザーから商品を買い取ります。
その代金をユーザーに現金で渡します。買取をするわけですから借金ではありません。総量規制とはまったく違う世界です。あくまでも基本は商品を現金化することになります。

クレジット現金化業者は少し安くすれば販売できる人気商品に限定しています。
それをユーザーに購入させるのです。買い取り価格は現金化換金率と関連しますが購入金額を下回ります。
それでも現金を工面できるユーザーにとっても魅力なのです。

クレジットカード現金化でポイントも貯めよう

クレジットカードの現金化の際に、あまりポイントについて気にする人はいないでしょう。
何しろ、今すぐに現金が必要だという状況で、しかもクレジットカードの現金化とはいえ、している行為はお金を借りるという行為です。
のんきにポイントの事を考えている余裕はないかもしれません。

ですが、クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して業者が支持する商品を一時的に購入します。
もちろん、その商品は業者が買取りするので、あなたのものにはなりませんが、あなたのクレジットカードで購入した商品という事実は変わりませんから、後日あなたのクレジットカードにポイントは付与されるというわけです。

現金化した現金の値段によりますが、ポイントもそれなりに貯まると言えるでしょう。
もともとクレジットカードはポイントを貯めるために、そのクレジットカードを選んだという人も多いのではないでしょうか?
例えば最近ならTカードや楽天カードなどは使えるシーンが広がっていますよね。
また昔から人気のポイントとしてマイレージポイントを貯めている人もいるでしょう。

クレジットカードの現金化とは言葉通り、クレジットカードを所有していなければ現金化する事ができません。
現金が急に必要だという状況で、クレジットカードの新規発行の手続きをしていたら、時間が間に合いません。
いざという時のために、最低限クレジットカードは1~2枚は所有しておきたいところです。
もし、今、所有していない人がいれば、これを機会に、ポイントの還元率などを調べてから、クレジットカードを新規で発行してみてはいかがでしょうか?

ポイントは使ってこそ意味がある

クレジットカードで支払いをすると、少しずつ貯まっていくポイント。
各社によりポイント付与の条件は異なりますが、大抵は1,000円の支払いにつき1ポイントが貯まります。

生活雑貨、光熱費、ローンをはじめ日々の支払いをクレジットカードで行うと、意外とこのポイントは貯まります。
利用明細書には累計ポイントが記載されているので、気になる人はチェックしてください。
相応に貯まっていたなら、役立つ形に変換しましょう。

◎ポイントの使い道

A.景品と交換
欲しい物がラインナップされている場合はおすすめ。

B.商品券と交換
還元率によっては、景品と交換したほうがお得な場合もある

C.換金
カード決済の際、現金の代わりに使えます。利便性がよく一番おすすめの使い道

ほかにもポイントの使い道は多々あります。
詳細はクレジットカードによって異なるため、各々確認してください。
それほど条件が良くなかった場合は、好条件のクレジットカードに鞍替えするのも手です。

なおポイントには有効期限が存在します。
貯めこむばかりでは意味がないので、一定のポイントが貯まったら使う癖を付けましょう。
こちらも詳細はクレジットカードごとに異なりますが、概ね24か月(2年)を期限とするようです。

来店型のクレジットカード現金化サービス会社

クレジットカード現金化サービス会社は今はインターネット完結型が主流です。ですが従来は来店型のスタイルが多かったのです。
今回は【来店型のクレジットカード現金化サービス会社】についてまとめておきましょう。どういった流れになるのかレポートスタイルでご紹介します。

スポーツ新聞に掲載されていた電話に連絡!

クレジットカード現金化を依頼すると、クレジットカード現金化店舗に来店するのではなく、ターミナル駅での待ち合わせを指示されます。

商品を購入するのにターミナル駅は絶好の場所である

クレジットカード現金化をするには換金性の高い商品であることが条件です。待ちあわせ場所に来た担当者が指示をします。みどりの窓口に行って新幹線のきっぷをクレジットカードを使って購入するということでした。

メモまで添えてくれる準備周到さ!

クレジットカード現金化する希望金額に応じて、詳しく区間と枚数を指示したメモを渡されます。同一区間の回数券を大量に購入するのは販売してくれないこともあるのです。同じようなことをしている人たちがいかに多いかです。

みどりの窓口で購入してきた回数券を喫茶店で待っていた業者に渡す

その場で現金買取をしてくれる流れになります。それならば自分で新幹線の回数券を購入して金券ショップに持ち込めばいいのでは?と思いました。ですがみどりの窓口がスムーズに回数券を販売してくれる枚数などを熟知しているのはプロならではのノウハウです。

いかがでしたでしょうか?

クレジットカード現金化サービスの担当者の指示通りすれば新幹線の回数券は購入できました。待機している担当者に渡せば現金買取してくれました。還元率は87パーセントだったのです。クレジットカード現金化はこういった形の流れになっています。果たして得なのか損なのかはご自分で判断してください。

クレジット現金化業者選びのコツは誠実さ>還元率

ショッピング枠を活用した現金化は、クレジットカードさえ所有していれば申込めるため大変便利です。
キャッシング機能に制限が掛けられているカードでも、ショッピング枠の当月残高があれば問題ありません。また審査がないため、あらゆる融資を断られた人にとっては最後の砦として重宝されています。

借入れの記録が残らないため、キャッシングではなくあえて現金化を選択する人は多いです。しかし顧客が増える一方で悪徳業者も増えており、トラブルは増加傾向にあります。

現金化する際は、慎重に業者を選びましょう。もっとも重視するべきは、業者の“誠実さ”です。ここでいう誠実さとは、顧客への対応を指します。
ちょっとした質問にも真摯に回答してくれるか、申込み前に確かめてみましょう。返信に時間を要するなど対応が杜撰な場合は、選択すべきではありません。

還元率は業者により差がありますが、概ね80%~90%が相場です。90%以上は疑って下さい。クレジットカード現金化仕組み上、その設定だと業者は殆ど利益を得られません。つまり客寄せの広告である可能性が高いのです。

万が一トラブルに発展した場合は、根気よく業者に問合せて下さい。解決しない場合は、然るべき機関への相談も視野に入れましょう。しかし、お金を取り戻せる保証はありません。
現金化は便利なサービスですが、こうしたリスクがあることを忘れないで下さい。

口コミで業者を判断しよう

クレジットカードの現金化は手軽で便利にお金を手に入れる方法として多くの人々に支持されています。
その人気もあり現金化を取り扱う業者も増えてはいるのですが、その一方で悪質な業者も少なくないので注意が必要です。
とはいえ、業者のサイトなどを見ただけでは悪質かどうかの判断は困難です。
したがっておススメするのが、口コミ情報です。
口コミは実際にその業者を利用した人の生の声を聞くことができるので非常に有意義です。

利用した人がどんなシステムでどんな結果を得たのか、そしてどう感じたのか、それらの情報を知ることでその業者がどんなところであるかの判断はつきやすくなります。
特にマイナス面に関する評価を知ることは大切です。
ただし、中には利用者の声に見せかけて業者がサクラを使って虚実の口コミ情報を掲載していることも珍しくありません。
以前「食べ○グ」などでも同様のケースが発覚して問題になったことがあったように、現金化業界だけで行なわれていることではないのですが、しっかりと真実を見極めることが重要です。

こういったものに対応するには、いかに信頼性の高いサイトを利用するかに関わります。
個人で現金化に関する情報をまとめているサイトなどは信ぴょう性が高いと判断できますし、その反面ポジティブな書き込みばかりの掲示板などはあてにならないといえるでしょう。
口コミを見るときには、その中に「宣伝口調」や「宣伝文句」といった表現が見えるようなものはNGです。

悪徳業者に関わらないために

クレジットカードを現金化するためには、専門のクレカ現金化業者に依頼せねばなりません。ここは少しでも還元率の高い業者を選びたいところですが、それ以上に重視しなければならない条件があります。

それは『信用度』です。業務内容はクリーンか、サポートほか各種対応は行っているか、確認をしておきましょう。
インターネットで現金化評判を調べても構いませんが、この手の情報には“偽装”されたものが混入しています。所謂、自作自演というものです。ただ称賛するだけの情報は、疑って掛かりましょう。

逆に、辛口の情報は役立つ可能性が高いです。何が悪かったか、具体的に記載があった場合は目を通しておきましょう。また類似する情報がないか検索することも大切です。情報源はひとつに絞らず、複数を利用しましょう。

また利用前に問合せを行うことも効果的です。現金化の流れを聞いておくのはもちろん、こういったトラブルに発展した場合の対応は?など、起こり得ることを想定した質問を行ってみましょう。良心的な業者であれば、事細かに回答してくれます。

もちろん還元率のチェックも大切です。良心的な業者だが還元率は著しく低い・・・という場合には、ほかの業者も検討しましょう。併せて、還元(振込み)に掛かる期間もチェックしてください。クレジットカード現金化即日を希望する場合は、それに対応した業者を選びましょう。
しっかりと下調べを行えば、悪徳業者に関わる可能性は殆どゼロです。まずは慌てずに、信用度の高いクレカ現金化業者探しから始めましょう。

詐欺事件に巻き込まれない心得

クレジットカードの現金化はショッピング枠を活用するため、借金に関する記録は一切残りません。また面倒な審査もなく、クレカ現金化業者に申し込めば即日中に融資を得ることも可能です。
そのためクレジットカード現金化店舗のある現金化業界は大変な賑わいをみせていますが、それに比例しトラブルが多発しています。

もっとも多いのは悪徳業者による詐欺事件です。提示している還元率とは異なる場合はまだ良い方で、酷い場合は一切の現金が振込まれません。
クレジットカード現金化安全に行うためには、数ある業者の中から“優良”と評価されるところを探さねばなりません。そんな時におすすめしたいのが『クレジットカード現金化ナビ』です。

クレジットカード現金化ナビは、リピーターが多い人気どころを集めて紹介しています。各業者の特徴だけでなく現金化そのものに関する情報も多数掲載しており、クレジットカード現金化店舗のような痒いところに手が届く仕様です。
また情報の中には、悪徳業者に関する情報(詐欺手口の紹介ほか)もあります。初心者はもちろん、中級者も一度は目を通しておきたい情報です。

銀行のカードローンについて

金融機関から個人がお金を借りる方法として真っ先に思い浮かぶのは消費者金融のキャッシングサービスかもしれません。
確かによく広告で見かけますし、審査のスピードも速く、審査基準が緩いため、手軽にお金を借りる事ができる方法です。
しかしながら消費者金融のキャッシングの利息は法律の上限ぎりぎりの設定になっているところが多いのです。
つまりお金を簡単に借りる事ができるけれど、返済は大変だという事です。

消費者金融で借りる前に、銀行のキャッシングサービスを利用する事をおススメします。
銀行にも消費者金融と同じようなキャッシングサービスは存在します。
ですが、消費者金融ほどお手軽ではなく、審査に2~3日から1週間前後と時間がかかってしまいます。
またせっかく審査に申込んでも、審査基準が消費者金融よりも厳しいため、審査に通らない人もいるでしょう。

そのため今すぐお金が必要だという人には向きませんが、多少時間に余裕がある場合は銀行の方がオススメです。
なぜなら審査に厳しい分だけキチンとしていて、利息が低いからです。
返済の事を考えるのであれば、少しでも利息が低い方が負担が軽くなります。
そして銀行の場合大手銀行よりも、地方銀行の方が審査に通りやすいので、地元の地方銀行でキャッシングを利用してみてはどうでしょうか?

キャッシングの借入と返済について

消費者金融を利用したいと思っている人に、キャッシングの借入方法と返済方法について簡単に紹介します。
簡単に紹介すると言いましたが、実は方法自体が至って簡単なのです。
借入の手続きを全て自宅でネットで行う事も可能ですし、店頭でも機械に従って必要情報を入力するだけです。

難しい操作は一切なく、手軽に借入する事が可能です。
そして一度キャッシングのカードを作成しておけば、次回からはそのカードを利用して、コンビニのATMからキャッシングする事も可能です。
あまりに手軽にキャッシングする事ができるので、勘違いをしてしまう人が出現してしまいます。

まるで自分のお金をATMで引き下ろしている、もしくはこのカードはお金を引き落とせる魔法のカードなのだ・・・と。
借金をしているという意識がないまま、何度もキャッシングを利用していると、そのうち返済が困るぐらい借金が膨れ上がってしまいます。
手軽に利用できても、キャッシングは借金で高い利息を支払う必要があるという事を念頭においておきましょう。

それから返済方法も簡単です。同じくコンビニのATMから返済する事も出来ますし、指定の口座に振り込む事も可能です。
直接クレジットカード現金化店舗に返済に行っても構いません。返済方法はいくつも用意されているので、自分にとって都合がいい返済方法を選びましょう。
ただし、返済日は1日でも遅れると、信用情報に遅延と記録が残ってしまいます。
必ず返済日に遅れないように、忘れにくい返済方法を選びようにしましょう。

デフレ社会でも手軽に現金を手にする方法がある?!

現在の日本はデフレ状態に陥っています。
デフレとは、モノの値段が下がりお金の価値が上がっている状態を指します。
モノの値段が下がるのは消費者にとってはありがたいことですよね。

しかし、モノが安い状態が続けば消費者はもっと安いものを求めるようになります。
すると企業は安く売らなければ買ってもらえないので、利益を削ってでも安価で提供するようになります。

でも、モノは売れても利益が少ないために給料が上がることはありません。
給料が上がらなければ消費が進むことはないので世の中にお金が回らないという状態になってしまうのですが、今まさに日本はこの「デフレスパイラル」に陥っているのです。
デフレ状態ですから給料が増える期待はできません。

そうなるといかに給料以外からお金を得るかという点がポイントとなりますが、そのひとつの方法がクレジットカードの現金化です。

クレジットカードの現金化はクレジットカードのキャッシング枠の残りを現金に換えるというもので、手軽で簡単に現金を手に入れる方法として人気が高まっています。

現金化を行なうクレカ現金化業者はたくさんありどれを選べばいいのか迷ってしまうかもしれませんが、業者選びの最大のポイントは「現金化換金率」の高さであるのは間違いないところです。

クレジットカード現金化の注意点について

クレジットカードの現金化は、手軽に現金を手に入れる方法として多くの人たちが利用しています。
これはクレジットカードのキャッシング枠の残りを利用して専門業者から入金してもらうというクレジットカード現金化仕組みです。

中にはこの方法を違法とする考え方の人もいるようですが、厳密にいって法を犯しているわけではないので問題はありません。
しかし、法の抜け穴を上手く利用しているという見方はできないわけではないので、どちらかというと「グレー」な扱いになるともいえるでしょう。

そのためにクレジットカード会社にクレジットカードの現金化を行なったことがバレると、カードの使用を停止されてしまうというペナルティが科せられる可能性は否定できません。

とはいえ本来は法を犯しているのでもなく、クレジットカード会社としてもカードを利用してもらいたいという本音があるので、あくまでも「その可能性がある」というだけで実際に使用停止になることはほとんどないといっていいでしょう。

また、クレジットカード現金化を行なう業者から受け取る金額に関しても、100パーセントの還元率というのはなく、数パーセントはカード現金化手数料などの名目で徴収されます。

こういった点についてしっかり理解したうえで、クレジットカードの現金化は行なうようにしましょう。

クレジットカード使用法には裏ワザがあります

クレジットカードの普及率はどんどん増えています。
以前は持つことのできなかった学生や主婦でも簡単に持つことができるようになったことも普及率アップの大きな理由のひとつでしょう。

今やクレジットカードは一家に一枚ではなく、一人に一枚、いや一人で複数枚所有しているケースも珍しくありません。
クレジットカードのメリットは、手持ちの現金がなくても買い物や支払いができるという点が挙げられます。

それはそれで非常に便利な点には間違いありませんが、それ以外でお得な利用方法があることをご存知の人は案外多くないようです。

そのお得な利用方法とは、クレジットカードの現金化です。
これはクレジットカードのキャッシング枠の残りを利用して現金を手に入れることができるというシステムで、このシステムを知っている人はすでに大いに利用して楽しんでいます。

自分名義のクレジットカードを持っていてキャッシング枠さえ残っていれば、審査や書類の提出などの面倒もなく、簡単に誰でも利用できるのです。

いわば「クレジットカード使用法の裏ワザ」といった感じでしょうか。
だからこそ、利用しなければもったいないということになってしまいますよ。

日常生活は現金で成り立っている

クレジットカードや電子マネーなどの普及によって、現金を持ち合わせていなくても買い物や支払いができるようになりました。

これは非常に便利なのですが、それなら現金がなくても生活ができるのかというとそうではありません。

お店によってはクレジットカードや電子マネーの使えないところはまだまだたくさんありますし、電車の切符をクレジットカードで買おうとするとはみどりの窓口まで行かなければなりません。

また、ガムひとつを買うのにクレジットカードでというのもどうかと思いますよね。
したがって、やはり現金なしに日常生活を送るのはなかなか難しいのが現実なのです。

もちろん普通に現金を持っていればいいのですが、月末で給料日までまだ少しあるけれどもお金を使い果たしたという人もいることでしょう。

そんな場合に現金を手に入れる方法が、クレジットカードの現金化なのです。
このクレジット現金化方法を使えば簡単・手軽に現金を手に入れることができますし、返済はクレジットカード会社にするので普通にカードで買い物をしているのと同じ感覚です。

クレジットカードの現金化を行なう専門の業者はたくさんありインターネットをチェックすればすぐに見つかりますが、どの業者を利用するのかは現金化換金率の高いところを探すのが一つのポイントです。

還元率が高のは落とし穴がある?!

クレジットカード現金化サービス会社を利用する場合に大切なことは還元率です。還元率にフォーカスしてクレジットカード現金化安全なサービス会社を選びましょう。

あなたがキャッシュバックが約束されている商品を購入します。いざ現金化しようとしても、それが現金化されなければどうでしょうか?限度額が大きいショッピング枠を利用してもまったく無意味になってしまいます。

インターネットを探せば数え切れないほどのクレジットカード現金化サービス会社が存在しています。比較検討して還元率の高いクレジットカード現金化サービス会社を選ぶことが大切です。

■還元率が高いクレジットカード現金化サービス会社の落とし穴
それは即日送金対応ができないことが多いというポイントです。すぐに現金が欲しい場合は注意しましょう。

例えば100万円をクレジットカード現金化したい場合。
「1時間あとに90万円も振り込めません」「1週間の時間をいただけるならば可能です」「1時間後に振り込むならば70万円でしょう」……こんなやりとりになります。
還元される金額には入金時期・タイミングも影響がでてきます。

■キャッシングの方がお得なケースもある
どうしてショッピング枠を使うクレジットカード現金化を選ぶのかというと利息の安さです。大体5パーセント程度です。もしも50パーセントのキャッシュバック率ならば20パーセントの利息のキャッシングのほうがお得感がでてきます。

還元率はショッピング枠を使う場合のキャッシュバック率のことです。キャッシング枠においては限度額を指します。

■いかがでしたでしょうか?
クレジットカード現金化サービス会社を見極めるには担当者の対応や利用規約をしっかりと精査することです。納得してから承諾ボタンを押すことを心がけてください。

カードをうまく使いこなすクレジット現金化方法とは

クレジットカードを複数持っている、という人も多いのではないでしょうか。
二枚程度なら持ち歩いている、という人もかなりの数存在するかと思います。

それだけ、一般の人の生活の中にもクレジットカードという存在が広まってきている、ということでもありますね。

最近では、クレジットカードで便利に支払いをすることができるという以外にも、いろいろとメリットを得られるようになっています。

例えば、カードそのものにポイントがついたりと、付加的に得られるメリットが増えてきていることもあります。
他にもマイルを貯めることができるカードなども、そのカードの特徴の一つといえます。

多くなってきたクレジットカード現金化仕組みを、いかに賢く使いこなすことができるかということを考えなければなりません。

現金で払ってもいいところをカードで払うようにしていれば、それだけポイントを溜めることができます。

複数人で食事に行ったときなども支払い役を買って出てカードを使えば、そういった機会も自分のメリットに変えていくことができるでしょう。

クレジットカードに関して

クレジットカードにある相性の良し・悪し

クレジットカードと所有者の間にも、相性は存在します。これから新たに新規契約をする人は、その点も考慮して選択肢を絞っていくと良いでしょう。

◎たまーにカード決済するだけの場合
使用頻度が低いのであれば、機能・特典には構わず“年会費”の有無だけで決めてしまって問題ありません。
年会費は固定であり、年に1~2度の使用でも、100回以上の使用でも同額です。

なお広告の中には、年会費無料!・・・という記載の下にこっそり“契約初年度に限る”という条件を記載しているものもあります。契約の際には、年会費が無料になる条件をしっかり確認しておきましょう。

◎カード決済が中心の生活が予想される場合
ポイント還元率が高いものを選びましょう。ポイントを何と交換できるのか、チェックしておくことも大切です。
ポイントの使い道は多々あります。いずれもクレジットカードが定める条件によるので、どういった形で還元を受けたいのか、この点も考慮して選ぶことが大切です。

一例:イオンカードは系列店で買い物をするの際、特定日に限り5%割引を受けられます

◎頻繁に旅行する生活の場合
旅行に関する優待が受けられるものがおすすめです。旅行保険はもちろんのこと、新幹線や飛行機のチケットをお得に購入できるかチェックしておきましょう。なかには、空港ラウンジを無料で利用できる太っ腹なサービスもあります。

当然ですが、支払能力がなければクレジットカード契約を結べません。専業主婦や無職の場合は、配偶者をはじめ第三者の同意と確認が必須です。

楽天カードのキャンペーンについて

クレジットカード現金化仕組みを知ってからクレジットカードを複数枚所有している人も多いでしょう。
そして複数枚のうちに、楽天カードも含まれているという人はきっと少なくないはずです。
楽天という会社は、楽天市場以外にも、楽天トラブル、楽天銀行、楽天保険、楽天証券など様々な事業を行っています。
また提携先のクレジットカード現金化店舗も多いため、いろいろなシーンで使えばポイントを貯める事が可能です。

特に楽天市場では定期的にキャンペーンが行われています。
その時に利用すれば、通常の何倍ものポイントが貯まるので、この機会に利用しない手はないと言えるでしょう。
そして貯まったポイントは、楽天市場の支払で利用できるので、自分の欲しいものを交換する事が可能で大変お得です。

最近消費者金融よりもお得だと注目を集めているクレジットカードの現金化ですが、このサービスを楽天カードで行うとどうでしょうか?クレジットカードの現金化をする際にクレカ現金化業者が指定する商品を購入し、その商品を買取してもらうという一連の流れがあります。
この時に商品を購入したという事実は買取後も残るため、商品購入時にちゃんとポイントが付与されるのです。

つまりポイントも貯める事ができるので、消費者金融よりもさらにお得だと言えるのではないでしょうか?
利用方法もネットで完結するため、手続きも非常に簡単です。
そしてあまりに便利にお金を借りる事ができるために、お金を借り過ぎない、お金を使い過ぎないようにだけ注意して下さいね。
どれだけお得に現金を借りる事ができても、借りたお金を利息をつけて返済する必要があるという点では同じです。

クレジットカード現金化の体験談

名古屋在住の27歳になるOLの体験談

私は名古屋在住の27歳になるOLです。営業職をしているのですが、近頃同僚や大学の時の女友達がどんどんと結婚することになっています。結婚ラッシュなのです。披露宴に招待されて断ることもできず毎月支払うご祝儀だけでも大変なことになっています。

まあ、ご祝儀には3万円は包みます。そして、ドレスのレンタル代や二次会費用やヘアメークなどに2万円は必要になります。冷静に考えてみれば5万円ほどの出費になってとても高額です。さすがに最近では何とか理由をつけて断ることもいいのかしら?と思い始めています。

でも翌月の給料日まで待てば支払いできない金額でもありません。今月使い込まなければよかったのです。まさか、ご祝儀をクレジットカード払いにするわけにもいきません。クレジットカードのキャッシングもありますが、利息が高すぎます。頭を抱えていた私。

そこで、思いきってクレジットカード現金化サービス会社に相談してみました。おかげで友達の披露宴にもゆとりを持って出席できました。インターネットや雑誌広告でそういった会社があるのは知っていました。でも私には関係がない世界だと思っていてスルーしていたのです。

実際に利用してみると利息は5%ほどです。キャッシュバック率が95%のクレジットカード現金化サービス会社を利用すればいいのです。借りている金額は結構な大金でも大丈夫です。クレジットカード現金化即日で振り込んでくれます。

多重債務に困っているならばクレジットカード現金化サービス会社に相談してみては

クレジットカード現金化サービスを利用した私。何かしら不安をかかえていましたが、担当の人とメールでいろいろとやりとりをして納得したので利用しました。これで、ちょっと私の人生も好転するかもしれません。

私は消費者金融にやっかいになっていました。でも利息が高く、支払っても支払っても元金はまったくなりません。若い頃に深く考えもせずに借金をしてしまったのです。若気の至りです。給料の中では利息の返済がやっと……まったく完済できない日々を過ごしてきました。

その借金をするときに利息も見ないで借りたのです。利息は20パーセント以上もありました。クレジットカードのショッピング枠は利息がとても低いです。リボルビング払い(リボ払い)にしたとしても5%の利息で可能な裏ワザを教えてもらいました。

クレジットカードのキャッシング枠の利息も高いです。消費者金融ばかりを頼っていた私はまともな生活ができていません。病気がちな親に仕送りもできないです。貯金などとんでもない。情けない人生でした。

ですがクレジットカード現金化サービス会社を利用して借金を全て綺麗に整理しました。
高い利息のところは一挙に返済できたのです。これでスッキリ。利息の低いショッピング枠に一本化成功。多重債務に困っているならばクレジットカード現金化サービス会社に相談してみてはどうでしょうか?

友人の結婚式に出席する際にクレジットカード現金化を利用しました

きっかけは冠婚葬祭でした。
といっても別にいいエピソードではなくて、単に友人の結婚式に出るためのご祝儀を捻出できなかったのです。もう学生でもない、いい大人になったので、ご祝儀というものからは逃れようがありません。
大事な友人の晴れ舞台、自分だけお祝いをけちるわけにはいかず、かといって生活費もギリギリの中、貯金もままならない状態だったときに僕を救ってくれたのは、現金化だったんです。

基礎情報とクレジットカードのデータを打ち込むだけで、かかった時間は10分もなかったと思います。
とにかく、思い立ってから1時間もしないうちに、淋しい状態だった自分の口座にちゃんと現金が増えていたんですから、それはもう驚きました。
さらにびっくりしたのは、利息の低さです。

以前お金に困ったときに、消費者金融を使うことも検討したんですが、利息がとても高いために断念した経緯がありました。
その点、クレジットカードのショッピング枠を使うので利息が5パーセントというのは衝撃でした。結構早めに返済も済んで安心でしたし、今後も急にお金が入用になったときは、迷わずに現金化を利用したいな、と思います。