Amazonギフト券を現金化することも盛んになっています。その業者として、ハッピーマネーに関する記事もネットで増えています。でも本当に振り込みするのか、いつ振り込みしてくれるのかが気になるところです。

ネットをみるとたくさんのAmazonギフト券現金化の情報があります。ここ何年かで情報が増えている業者に、ハッピーマネーがあります。

体験談から特徴など様々な情報があります。それをみると利用したくなるのも当たり前の心理です。でも、本当に振り込みしてくれるのか、いつ振り込みするのかが気になるところでしょう。

ハッピーマネーはスマホがあるととても便利

ハッピーマネーでは、まずスピーディーに対応するところをアピールポイントにしています。いち早く現金が欲しい人向けに業務を行うようにしています。

ですので利用する人も現金化をして欲しいのであれば、それなりに準備しておくといいでしょう。ハッピーマネーが用意して欲しいというのはスマホでしょう。スマホならばいつでもどこででも電話を掛けたり、ホームページを参照することができます。

また、スタッフの対応も丁寧ですので、スマホで電話を掛けてやり方を聞き、その場で入力というのがやりやすくていいのです。

スタッフとしても、多くの人に利用してもらいたいからと、ホームページの作りにも気を使っています。画面の文字サイズも大きめで見やすくなっており、また現金化申し込みやお問い合わせはホームページタイトルのすぐ下に用意しています。すぐ目のつく位置にして、わかる人ならばすぐに手続きに入れるようにしているのです。

スマホがあれば、すぐに手続きに入れて便利といえます。

手続き前に準備しておくもの

現金化申し込みを押すと、簡単な入力をして処理を進めることとなります。その際に必要となるのが口座情報とメールアドレス、電話番号です。

口座番号情報は、銀行名や支店名は機能でどこでも画面の選択肢から選べるようになっていて便利です。初めてでも使いやすいようになっています。

あとは口座番号と名義人となります。ですので利用前に口座番号と名義人はメモしておき、すぐに入力できるようにしておくといいでしょう。

あと、その後の手続きでメールを送ってきます。ですので、スマホならば特にフィルターのチェックにかかりやすくなるので、フィルター解除などしておきましょう。またヤフーメールなども受信できるように設定しておきましょう。

これらについてもアナウンスもしていますが、あらかじめ準備しておくと、よりスムーズに手続きが終わるように作られているのです。

手続きと振り込みのタイミングの関係

そして気になる振り込みのタイミングです。ハッピーマネーでは、基本的には即日振り込みをするようになっています。悪質な業者であると、翌日になっても振り込まれないなど期日があいまいになることが多いです。

しかし、ハッピーマネーではそうならないように手続きと振り込みのタイミングについて明記しています。たとえば前日の19時から当日の午前11時までにAmazonギフト券が到着すれば、当日の15時までに振り込みをします。

次に当日の11時から15時までに到着すれば、当日の19時までに振り込みをします。最後に当日の15時から19時までに到着すれば翌日の11時までに振り込みをします。

こうしてみると24時間いつでもAmazonギフト券の受付は行っているのです。営業時間は10時から19時までですので、お問い合わせについてはこの営業時間内となります。しかし、手続きはいつでも受け付けてくれるので、結果的には当日かもしくは翌日までには振り込みされることとなるのです。

このように何時までに手続きをすれば、いつまでに振り込まれるのか明確にしているのは、意外と他には見られません。大抵は、即日対応の一言ですませているからです。
こうした説明があるのもハッピーマネーならではの特徴といえるのです。

どこの銀行でも対応してくれる

ハッピーマネーの特徴として、さらにどこの銀行でも対応してくれるところがあります。
これならば、地方からでも安心して利用することができます。
なお、地方の地元の銀行を使う場合、基本としては15時までに振り込みをしないと翌日にしか振り込みできません。
もしも夜でも振り込みをしてもらいたいとなると、楽天銀行かゆうちょ銀行の口座を用意しておいた方がいいでしょう。これについても明記しており、急ぎの人は銀行口座の準備もホームページ上で、お願いしています。

なお、地元の銀行でも振り込みを確実に早くしてもらいたいときには、当日の9時までにAmazonギフト券が到着しておく必要があるのです。ですので、確実にするためにもお金が必要となる前日には、手続きを済ませておくようにしましょう。

アナウンスにも力をいれている

こうした手続きと振り込みのタイミングから、悪質な業者の手口紹介、手続きの流れの説明などアナウンスにも力をいれています。
これだけしているからこそ、リピーターも多いのです。