クレジットカードには大きく分類すると2つの機能が備わっています。それはキャッシング機能とショッピング機能です。どちらか片方しか利用していないという人は、あまりもう1つの機能については把握していないかもしれません。ではこの2つの機能について、違いを紹介したいと思います。

まず多くの人が利用している機能はショッピング機能です。何か買い物の際に、レジでクレジットで支払いをする場合はショッピング機能を利用しています。

今月お金がピンチだから、ここで現金で5万円を支払うのは辛い、そんな時にはクレジットカードは一括払いではなく、分割払いを選べばいいのです。そうすれば、今月支払う金額は分割され負担額が減っているので、お金がなくても先に商品が欲しいという場合にショッピング機能は便利だと言えるでしょう。

対してキャッシング機能とは、今すぐ現金が欲しいという時に利用する機能の事です。
例えば冠婚葬祭などでご祝儀を支払う必要がある、クレカ現金化即日がいいけど給料日前で手元にお金がない。
そんな時にクレジットカードが提携を結んでいるATMから現金を引き出す事ができるのです。引き出すといっても自分のお金ではなく、クレジットカードからお金を借りている状態ですから、後日請求書が届き、利息と一緒に返済をしなければいけません。ですが、急にお金が必要な時には非常に便利な機能である事に違いはありません。