クレジットカードの現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手に入れる手段としてたくさんの人々が利用しています。
でもその一方で、利用してみたいけれども今一つよくわからない、またいろいろ疑問に思っている点があるので実際に利用するまでには至っていないという人も少なくないようです。
そんな中で多くの人が抱えている疑問に「クレジットカードの現金化は違法ではないのか?」という点が挙げられます。
確かに簡単・便利にお金が手に入るのですから、何となくそう感じてしまう人が出てくるのも仕方のないことかもしれませんね。
しかしこのシステムは自分名義のクレジットカードのショッピング枠というサービスを利用するものであり、法的に問題のないように工夫して確立されているので違法などではありません。

多くの弁護士がこのシステムについて検証や確認を行った結果、特に問題なしという結論が出ています。
また、「キャッシュバックというサービスには問題がないのか?」という思いを抱く人もいます。
このシステムではお金の返済はクレジットカード現金化業者ではなく、カード会社に行ないます。
したがって、返済を放棄したり故意に返済しなければ問題となるのは当然です。
普通にクレジットカードを使って買い物をした場合、その支払いが義務付けられているのと同じことだからです。

ただし、業者が行なうキャッシュバックシステムそのものに問題はありません。
さらに利用する際に気になるのが「限度額」でしょう。
これは、基本的にクレジットカードのショッピング枠の限度額が相当します。
現金化を利用する月にすでにいくらかカードで買い物をしていたのなら、その残りが限度額となるわけです。